北島 達也のマシーンワークアウトプログラム



今回ご紹介するワークアウトプログラムであるThe Machine
日々、多くの方からいただくご質問や多数のリクエストの中から
下記のような声とご期待にお応えするために生まれたプログラムです。

 


など、日々たくさんのThe Work outファンの皆さまから寄せられるご要望に
お応えさせていただくために・・・

近代ワークアウトには欠かせないマシーンやケーブルを利用した
スタンダードなワークアウトを徹底解説した本プログラムを開発させていただきました!


「The Machine」の趣旨や具体的な内容は、本ページにて解説させていただいて
おりますがはじめに本プログラムに収録されている内容をプレビューにてご紹介させていただきます。

本プログラムに収録されている内容を大まかに挙げると・・・



等々、単にマシンワークアウトの実践を動画でお伝えするだけではなく、
ワークアウトの根幹となる真髄をお伝えいたします。

 

 

 



北島達也です。

私の掲げている理念である

『THE WORK OUT』

の真髄は第一に世界で永年廃れることなく、
むしろ研鑽されてきたスタンダードなワークアウトの正しい方法を伝え、知っていただき、実践者に結果を出してもらうことです。

それが私の人生のミッションです。


『ワークアウトを実践して
結果が出ないのはやり方が間違っている』

 


ワークアウトを行って結果を出すには
いかに肉体を変化させるために理想的な環境を与えてあげるかが重要になります。

筋肉に適切な頻度で負荷を与え、栄養を摂取する

負荷・頻度(休養)・栄養

時代がいくら変わろうとも人間の肉体は根本的に変わりません。

 

ワークアウトをして結果が出ない際に、人種の違いや、体質のせいにしてしまうのは
とても早計で安直な考えだと思います。

 

まずこの3つの条件を体に正しく与えているか?をまずは疑う必要があるのです。

欧米人だから、私だからできるのではなく、世界中の誰にでも結果を出せるのが
正しいワークアウトなのです。


少し前置きが長くなってしまいましたが
全ては繋がっている話ですのでご理解ください。

 

今回の本題に入らせていただきますと

『フリーウエイトとマシンではどちらが結果を出しやすいか?』

という疑問にまずお答えします。

 

答えは

『どちらも使ったほうが良い』

と言う事です。


フリーウエイトとマシンのそれぞれの持つメリット、デメリットではなくて

両方の特性を知り、利用してワークアウトすることが重要だと言う事です。

しかしお住まいになられている環境で
近くのジムにはフリーウエイトの設備がなく、
マシーンでしかワークアウト出来ない場合はどうすればよいのか?

 

という質問をいただく事も少なくはありません。

次にその質問にお答えしたいと思います。

確かに設備が整っていて、プロテインも自由に摂取ができて余暇もあり、
好きなタイミングでワークアウトができれば
結果を出す(肉体を変える)ためには申し分ない環境ですが

設備に関していえば昨今のスポーツジムでは
利用者の安全に配慮した形でマシンが主体のジムも少なくはありません。

 

またお仕事中にプロテインをシャカシャカ振って飲むわけには
いかない人もいるでしょう。

仕事が忙しくいつでもワークアウトが満足にできる状況じゃない人もいるはずです。


だからと言って全く結果が出せないかといえばそうではありません。
物事の全てがコンピューターのように0か1かではないように

ワークアウトも同じなんです。

 

例えめちゃくちゃな方法でも体は少しは変わりますが
やがては頭打ちになります。

「毎日2時間ワークアウトしても変わらない」

「私は日本人だからワークアウトは向いていない」

「他にも違う方法があるはずだ」


と正しい方法を知らないだけなのにワークアウトの良さまでもを
勝手な勘違いで否定してしまうのです。

 

ですので私はワールドスタンダードである正しいワークアウトの方法を
発信することによって、より効率的に結果を出す方法を提案しています。


物事のリスクを極力避けて、合理的に解決することを考え、
口先だけで言動を発する割には目新しい方法に飛びついたり、
楽に結果が出る方法に心が揺れてしまう人が日本では本当に多いと感じます。

しかし、ワークアウトの分野でリスクや効率、合理性を第一に考えるのであれば
それはもっとも世界中の多くの人や、とてもシビアな世界で活躍している
世界中のトップアスリートやボディビルダーが実践しているスタンダードなワークアウトが
よっぽど効率的でリスクが少なく、結果を出せる方法なのです。



本来、肉体に与えるべき理想の環境を数値で100とするならば
正しい方法を知り、限りなく100に近づけるよう工夫し、努力することが重要なんです。

0か1か?新しいか古いか?ではなく正しい方法を知って限りなく理想に近づけていけば
体は想像するよりもすばやく変わってくれるのです。

仕事が忙しくても週に20分の時間を割けるならば体を変える事は可能なんです。


ですから体を変えるための基本を知り、
その基本を知った上でいかに理想に近づける工夫をするか?が
実はワークアウトの楽しみのひとつであり、醍醐味でもあるんです。


アメリカではとてもストイックとは言えない様な
風貌の人間の腕がとてつもなく太かったりします。


それは気の向いた時にワークアウトをするくらいの
頻度であっても正しい方法を知っているから太い腕を作りだすことができるんです。

今回ご紹介するプログラムである
【THE Machine】

いかにマシンだけでも良いワークアウトが出来るか
徹底的に追求して解説したプログラムとなっています。

例え周りにマシンしかなくても工夫次第では十分に体を変えることが可能になるプログラムです。

確かにイメージではそうかもしれません。


マシンには軌道が確保されていますからマシンをただ動かせば
ワークアウトができてしまうと考えても不思議ではないかと思います。


しかし、フリーウエイトのワークアウトでも言えることなのですが
自己流ではやがては頭打ちになります。


例えばダンベルカール1つの種目を例に挙げても

肘の位置、手首の角度、二頭筋を最後まで収縮させる方法など

実は細かなディティールがあるのです。

マシンも同様に知っておくべき正しいやり方、使い方というものがあるのです。


皆さんからいただく質問で非常に多くいただく質問があります。

『ダンベルカールをやっているが二頭筋に刺激が入らない』

『youtubeで公開されている北島さんのワークアウト動画の真似をしても
あまり効果を感じられない』

などという質問です。


そしてほとんどの方は


『自分にはこの種目は向いていない』

『他に効果的な種目があるのではないか?』


と質問を締めくくります。


見よう見まねでのワークアウト、
自己流のワークアウトで全く効果がないわけではありませんが

先程述べたとおり、細かなディティールを知った上で
ワークアウトするのと比べれば結果に大きな差がつきます。


私の公開している数々のプログラムは体の動きだけを
見せるのではなく、細かなディティールを解説して
実践してもらうからこそより結果を出しやすいプログラムとなっているのです。


ですので


今回ご紹介するTHE Machine

マシンやケーブルを利用したワークアウトの細かなディティールまで解説し、

マシンワークアウト本来の正しいやり方を知ることができます。


そしてさらにやり方を工夫することによって別の角度の筋肉を鍛えるやり方など
マシンワークアウトの可能性を広げるプログラムとなっております。

 

24時間ジムや多くのフィットネスジムは一通りのマシンワークアウトができるかと思います。
ダンベルとマシンのみというジムも少なくはありません。

しかし、アレンジが効かなかったり、安全性が高い分関節に負担がかかる
(可動範囲を調整しなければいけない)というデメリットも確かにあります。

このプログラムではそういったデメリットもメリットに変えてしまうような
マシーンの使い方をお伝えします。


またマシーンでのワークアウトは怪我をしている際に
怪我の部分を避けてワークアウトができたり、

多関節を使うバーベルなどと比べて心肺機能を多く使いすぎることなく
一箇所に絞ってワークアウトができるため、

かつての時代では考えられないような大きな筋肉を
再現することができたりと近代ワークアウトには実は欠かすことができないものとなっています。


ですの冒頭でお伝えしたとおり、ダンベルやバーベルを用いたフリーウエイトのワークアウト、
マシンを使ったワークアウトは【どちらも利用したほうが良い】ということです。

両者の特性を理解したうえでワークアウトを実践することにより、
より効果的な成果をあなたは得ることができるでしょう。




 


プログラム名

The Machine(北島達也のマシーンワークアウト・プログラム)

商品概要説明

本プログラムは、北島達也が近代ワークアウトには不可欠の【マシーン】と【ケーブル】を使った正しいワークアウトの理論および実技を指導するプログラムです。

マシーンとケーブルを使用した正しいワークアウト方法を知りたい方に
おすすめのプログラムとなっております。

商品販売価格

9,800円

プログラム総収録時間

56分08秒

ご利用可能決済方法


各種クレジットカード、コンビニ決済、携帯キャリア決済にて一括決済
(キャリア決済は、Softbankとauがご利用可能となっております)
(ご利用可能クレジットカード、コンビニ決済対応店舗は決済画面にてご確認ください)

本プログラム観覧に必要な環境

The work out ondemand(ワークアウトオンデマンド)に無料会員登録
いただいた会員さまのみプログラムのご購入およびご視聴が可能です。

すべてのビデオプログラムは下記の端末にてご視聴可能です。

・スマートフォン
・タブレットPC
・ノートパソコン
・デスクトップパソコン

ご購入前の注意事項および記載事項

当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。
効果には個人差があります。

お客様の個人情報はSSL(高度暗号化)通信で保護されます。

個人情報は厳重に保護させて頂きますのでご安心下さい。

 

実技および講義ビデオは、ご購入者さま専用サイトにて
埋め込み式のオンラインビデオにてご視聴頂けます。

デスクトップ、ノート、タブレットPCおよび
スマートフォンでも再生可能となっております。

ビデオの再生が出来ない場合、再生トラブルが起きた際には
サポート事務局までご連絡ください。

即時対応させていただきます。

お問い合わせ先:

※THE WORKOUT お問い合わせフォームより
http://ws.formzu.net/fgen/S37201692/
※スマートフォンからのお問い合わせ
http://ws.formzu.net/sfgen/S37201692/

 

 

 

高校生の頃、"アーノルドシュワルツネッガー"に憧れたことをきっかけに「ボディビルディング」の世界へ心酔する。

そして、本場のボディビルカルチャーに憧れ、20代前半で単身で渡米。LAで出会ったコンテストビルダーの人間性、ライフスタイルやLAと日本の【ボディビルディング】に対する価値観の違いに衝撃を受ける事となる。

1997年には、カリフォルニアのボディビルコンテストにて日本人初のチャンピオンに輝く。

現地では、アーノルド・シュワルツネッガーはじめトップビルダーはじめハリウッド俳優が集結する有名ジムで数々のトップビルダーから指導を受け、独自で体得した知識と経験を統合。

約30年間、"本場のボディビルディング"と"科学的なワークアウト"を自身で実践しながら理論を構築している。

そして現在は、自身が影響を受けた【LAのクールなボディビルカルチャー】をワークアウト経験のない一般人に広く伝える「THE WORK OUT」レーベルを立ち上げ、運営している。

(世界的超有名ジュエリーデザイナーと提携。オリジナルブランドとして新しいカルチャーの浸透を目指している)

他にも、有名TV番組やTVCMにも有名俳優やタレントと共に多数出演。

美容師やナイトクラブのセキュリティ、マッサージ業など様々な異業種を経験した異色の経歴も持つ。

 

 

腹が凹む!神の7秒間メソッドハリウッド式ワークアウト(ワニブックス)

 

・1997年:NPCミスターカリフォルニア ライトクラス優勝
・1997年:NPCミスターオレンジカウンティー ライトクラス3位
・1997年:カリフォルニアマッスルビーチコンテスト ゲストポーザー
・1998年:カリフォルニアマッスルビーチコンテスト ゲストポーザー
・2002年:TOCチャンピオンシップ ミドルクラス3位
・2004年:TOCチャンピオンシップ ライトヘビークラス6位

・1998年:はねるのトびら(フジテレビ)
・2000年:宇多田ヒカルファーストコンサートボヘミアンサマー イメージキャラクター
・2000年:タカラサワーモルトCM共演(藤原紀香と共演)
・2000年:永谷園かに玉CM(爆笑問題と共演)
・2001年:UFJカードCM(反町隆史と共演)

・2015年:ヨソで言わんとい亭(テレビ東京)

・2016年:ヨソで言わんとい亭(テレビ東京)

 

  

 

※公開を承諾いただいたアスリート・アーティスト・有名人の皆様です。

 

HAKUEI さま(歌手)
http://hakuei.lewo.jp/sale/


・MADOKAさま(歌手)


http://www.9muses-trap.com/

 

・塚本奈々美さま(プロレーサー)


http://nana-jkb.com/

 

・櫻井勝之さま(プロゴルファー)


http://ameblo.jp/katsuyuki-sakurai/ 

 

・重田大吾さま


(マッスルビーチコンテスト2015 ビギナーズクラス優勝者)
http://gyakusyuu-shigeta.com/ 

 


■プログラムに関する質問と回答
このプログラムが初めての北島さんのプログラム購入になるんですが
他に併せて購入したほうが良いプログラムはありますか?

筋肉を肥大させるしくみ、フォームなど一般の人間でもプロのボディビルダー
やトップアスリート、リハビリを行っている方でも
やり方の枝葉が異なるとしても基本は人間の肉体を変えることですので
一直線上に繋がっている、つまりは基本は同じです。
ですのでフリーウエイトであっても自重トレーニングであっても
今回のマシンを使ったワークアウトにしても
重力を利用し、ウエイトを使ったワークアウトには違いがありませんので
ワークアウトの基本を解説している『神の7秒間実践講座』(リンクブランク)
の購入がまだでしたらそちらも併せて購入いただいて
筋肉を大きくさせる仕組みとこのサイトでも少し触れております
ワークアウトの基本を知ることができる特典のワークアウトビヨンド
を併用して学び、実践いただけるとより効果的にワークアウトができるようになります。

(特典であるワークアウトビヨンドは1巻+●巻の2巻同時購入か全巻セットで視聴が可能になります。単品購入では視聴できませんのでご注意ください。)

このプログラムを実践するために必要な器具はありますか?
このプログラムはマシンを利用したワークアウトをお伝えしております。
24時間開放型ジム、一般的なスポーツジム、そして自治体の体育館など
様々な種類のマシンに関しての解説を行っております。

器具としてはワークアウトベルトやグローブなど一般的なワークアウトに利用する
器具があれば問題ないかと思います。

ダンベルやバーベルを使ったワークアウトはこのプログラムでは
収録しておりませんので必要はありません。

おもに据え付けられたマシンに関してのプログラムになりますで
収録内容をご確認の上ご視聴ください。

ワークアウトの初心者なのですが、まずは北島先生が仰るように
ベンチプレスのプログラムを購入して学んだほうがいいのか?

それとも、両方購入してしっかり学んだほうがいいでしょうか?

まずご自身がやられるワークアウトの環境によってお選びください。

ベンチプレスが可能な場合、ベンチプレスからはじめても問題はないでしょう。

あちこちと一気に鍛えるより初心者は一点集中でワークアウトを始めたほうが良いです。
人間は例えば1ヶ月という期間で区切れば増量できる筋肉の量は決まっています。

もちろん個人差はありますが仕組みとしては5部位を同時並行でやれば決まった量が分配されるという形になりますのでまずは一点集中して体が変わる実感を得ていただきたいかと思います。

それが確実に次へのモチベーションにつながるでしょう。

正しい方法でワークアウトを行えば個人差はあれど必ず体は変わります。

プログラムは、DVDが届くのでしょうか?
いいえ、PCやタブレットPC上でご覧いただける
【オンラインビデオ】によるご提供となります。
プログラムの視聴はスマートフォン、タブレットでも良いでしょうか?

PC、スマートフォン、タブレットでご覧いただけます。
通信環境によって再生がスムーズではない場合は低画質版もご用意しております。

それでも再生がうまく行かない場合は通信環境の改善をお願いいたします。

【お申し込み、お支払いに関するご質問と回答】

決済方法は、どのようにすれば良いでしょうか?
はい、クレジットカード、コンビニ決済がご利用出来ます。
コンビニ決済が可能だということですが、どちらで決済可能でしょうか?

ご購入を勧めていただきますと決済方法がお選びできますのでそちらでコンビ二払いをお選びください。

ご利用可能なコンビ二は下記の通りとなります。

その他のご利用可能決済は下記となります。



 



プログラム名

The Machine(北島達也のマシーンワークアウト・プログラム)

商品概要説明

本プログラムは、北島達也が近代ワークアウトには不可欠の【マシーン】と【ケーブル】を使った正しいワークアウトの理論および実技を指導するプログラムです。

マシーンとケーブルを使用した正しいワークアウト方法を知りたい方に
おすすめのプログラムとなっております。

商品販売価格

9,800円

プログラム総収録時間

56分08秒

ご利用可能決済方法


各種クレジットカード、コンビニ決済、携帯キャリア決済にて一括決済
(キャリア決済は、Softbankとauがご利用可能となっております)
(ご利用可能クレジットカード、コンビニ決済対応店舗は決済画面にてご確認ください)

本プログラム観覧に必要な環境

The work out ondemand(ワークアウトオンデマンド)に無料会員登録
いただいた会員さまのみプログラムのご購入およびご視聴が可能です。

すべてのビデオプログラムは下記の端末にてご視聴可能です。

・スマートフォン
・タブレットPC
・ノートパソコン
・デスクトップパソコン

ご購入前の注意事項および記載事項

当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。
効果には個人差があります。

お客様の個人情報はSSL(高度暗号化)通信で保護されます。

個人情報は厳重に保護させて頂きますのでご安心下さい。

 

実技および講義ビデオは、ご購入者さま専用サイトにて
埋め込み式のオンラインビデオにてご視聴頂けます。

デスクトップ、ノート、タブレットPCおよび
スマートフォンでも再生可能となっております。

ビデオの再生が出来ない場合、再生トラブルが起きた際には
サポート事務局までご連絡ください。

即時対応させていただきます。

お問い合わせ先:

※THE WORKOUT お問い合わせフォームより
http://ws.formzu.net/fgen/S37201692/
※スマートフォンからのお問い合わせ
http://ws.formzu.net/sfgen/S37201692/

 

 

 

 

 


マシンでのワークアウトはボディビルダーはおろかトップアスリート、そしてお年寄りやリハビリが必要な人にまで近代のワークアウトにとってなくてはならない存在となっています。

例え怪我をしていても影響のない部位でであればマシンワークアウトが出来ます。

ダンベルやバーベル、そして自重のトレーニングも重力を利用したワークアウト(ウエイトトレーニング)であり、根本は同じものです。

もちろんマシンも滑車やケーブルが使われているなど力の伝わり方やウエイトの重さの感じ方は異なりますがマシンを使ったワークアウトも同じなのです。

それぞれの特性を踏まえてワークアウトを行うとすれば『使い分け』することも必要ですが
限られた環境ではそれもできない場合があるかと思います。

しかし、マシンに特化してワークアウトを行ってもかなりのレベルまでワークアウトを行うことが可能です。

大切なのは正しい方法で自分の筋力の限界を超えるギリギリの負荷を与えることです。


ですからお住まいの周りのワークアウトが可能な環境が【マシンのみ】あるいは【ダンベルのみ】であっても
適切な負荷を与える事ができれば結果が出ないという事はかなりの高レベルにならない限りないわけです。

『●●できなきゃだめ』、『まったく結果は0になる』というわけではなく、
正しい方法を知り、ワークアウトをご自身の可能な限りの形で行い続けることが大切なのです。

もちろん、理想の環境とくらべれば限られた環境、条件では【それなり】という形ですが

諦めてしまって、何もしないよりはあなたの肉体は確実に変わります。

頭の中で考えるより、一歩を踏み出せばその分前に進むのです。
それがワークアウトです。


『忙しい、ワークアウトが満足にできない』と思っている方、
そんな環境でも時間を20分でも作って自分の肉体を変える努力や工夫をして
体を変えることができればそれはとてもカッコイイ生活スタイルだと思います。


ポジティブな形で【体が変わる】という体験はとても身近で手軽な【変身】体験です。

・性格を良くしたい
・お金持ちになりたい
・異性にモテるようになりたい


などなど人間は今の自分からより良くなりないという願望を少なからず持っているはずです。


でも現実はなかなか難しかったり、変わることは困難だったりします。

しかし、とても自分に身近な存在である肉体が変わる成功体験をすれば
他の物事での【変身】の可能性を見出せるきっかけになるのではないかと私は思います。


是非、今回のマシンワークアウトのプログラムで【体が変わる】【成功体験】をして
前を見て歩けるようなご自身のライフスタイルを作り上げるきっかけを得ていただきたいと思います。

およそ100年前に【重力波】の存在を理論上では予言されていたアインシュタインも
『自分が無限の知恵の海岸の一粒の砂にすぎない』と言われたように

人間が科学で解明できている事はほんの少しに過ぎません。

ワークアウトに関しても科学上立証されていないことも多くありますが理論上の仮定と実践を自身の体で試し続けてきたボディビルダーの歴史、アスリートの歴史は現在の段階では限りなく【正解】に近い方法なのです。

ご自身のセンスや人種の違いなど早計に【向き】【不向き】があるなどと決め付けずに
まずは多くの人に永年実践され、研鑽されてきたスタンダードなワークアウトからはじめてみませんか?


「●●という方法が流行しているようですが、、、」

「こちらのやり方が新しく開発されたようですが、、、」

「日本人やアジア人にあったやり方があるのではないですか?」

「地味なワークアウトだけじゃなくてこうパァ~と効果がでる方法を教えてください!」



もちろんワークアウトに関してアンテナを張るということは悪いわけではありません。

ただし、情報を取るのであれば日本国内のみではなくて、視野をもっと広げて見ていただければと思います。

例えば海外に行けばアジア人でも欧米人顔負けの肉体を持つ人間もいます。


一部ではなく、世界中のほとんどのアスリート、トップビルダーが率先して行っている方法であれば
信用できるかも知れません。

なぜなら彼らは【勝つ】ためにワークアウトをしているのですから
【結果】が出る方法を誰よりも早く実践するからです。


もちろんレベルの問題もあります。

「●●というアメリカのトップビルダーはこのようなワークアウトをしている」

というメールをいただく事もあります。


でも少し冷静になって考えていただきたいのは
あなたの肉体レベルと彼らの肉体レベルが同じであるか?

ということです。


仮に野球少年がプロ選手の行っている練習をすれば良いかといえば
そうではないのと同じように

このような場合でも一概にはいえないのですが同じ事が言えるのです。


また彼らのワークアウトがそれだけであるはずがないという事もあります。
ほんのわずかな部分を切り取って見るだけの情報がすべてではないのです。


ですので目新しい方法に飛びつく前に地道で地味に見えるスタンダードな
ワークウアウトを極めてみてから、見えることがありますし、

効果がある方法なら私は皆さんに伝えたいと思います。


そして一見、地道で地味に感じる方法が色々と中途半端に寄り道するより、
よっぽど一直線に結果に辿りつけると言えると思います。


ですから今回のマシンワークアウトもスタンダードなものを紹介させていただいております。

ワークアウトは膨大な学問、膨大な知識を必要とするとイメージされますが
実は突き詰めていけば冒頭でお話したとおりとてもシンプルな

3つの条件を基本的に守れているかどうかなのです。


そして最後に一番大切なことはストイックになりすぎず、そして四角四面にならずに

【楽しんで】ワークアウトをして下さい!

ワークアウトが苦役になればそれはただの調教であるトレーニングに成り果てます。
ワークアウトは奴隷労働ではなく、自由に体を変える、スポーツの結果に結びつくようやるものです。

『耐える』のではなく『越える』のです。


ワークアウトでアドレナリンを出せれば次のワークアウトが楽しみで仕方がなくなります。
それも一種の楽しみ方ですが

あなたのライフスタイル、余暇をいかに有効に使うか、過ごすか?
その一部にワークアウトを取り入れることができれば

ワークアウトは本当に楽しく、そして素晴らしい結果を与えてくれるはずです。